おせちを食べるタイミングは元旦と大晦日のどっち?

おせちを食べるタイミング

おせちを食べるタイミングは元旦か大晦日なのかは、地方によって異なります。
ご家族の実家の風習などにもよると考えられますが、地方によっての違いを交えて説明していきましょう。

 

地方によっておせちを食べるタイミングが違う?

おせち料理を食べるタイミングの一般的な考え方としては、お正月元旦から三が日です。
ところが、北海道東北地方は大晦日におせち料理を食べる慣わしがあるといわれています。

 

北海道・東北

北海道においては

  • 大晦日の日は年越し蕎麦とおせちを食べたり
  • お正月はお寿司やお雑煮や大晦日のおせちの残りを食べる
という傾向が強いようです。

 

北海道では様々な出身者の方が集まって文化が合わさった為、大晦日におせち料理を食べるのも江戸時代の本来の風習が残っている事が顕著に表れていると言えるでしょう。

 

北海道におせち料理が伝わったのは江戸後期から明治時代までにおいてですが、江戸においては年迎えのお料理がおせち料理から年越しそばへと移行していきました。
それ以降、お正月になるとおもてなし料理という重箱に入ったお料理となり、大晦日に年越し蕎麦を食べるという習慣に変化を遂げました。

 

地域によってこうした考え方や価値観による相違点がありますが、

  • 昆布巻
  • 黒豆
  • くわい
  • レンコン
  • 人参

上記は江戸時代においても使用され、おせち料理という名前が広がりました。

北海道・東北以外はいつ食べる?

やがて、おせち料理が東北地方へと広まり、北海道にも広まった為、大晦日におせち料理を食べるのがこの地域の常識ともいえます。
しかし、それ以外の地域では元旦の日に食べる家庭が多いというのが実情です。

 

皆で相談しよう!

ご家庭においては、元旦と大晦日、おせち料理を食べるのタイミングをどちらにするのかは家の事情に合わせて決めるのが良いとされています。
1月1日の元旦がお仕事であったり、大晦日が忙しいという場合など家庭の事情に合わせておせち料理を頂くという考えをもつ方も最近では増え始めました。
元旦か大晦日どちらにおせち料理を食べるのか、ご家族一人一人の事情に合わせて話し合って決めると、よりまとまりのあるお正月の団欒にもなりますね。
皆さんが一堂に会して、新しい年の始まりを年神様と美味しいおせち料理と共に始められたら良いですね。

 

おすすめの早割おせち通販サイト