↓↓おすすめの人気おせちが今年も早割中!2020年のお正月にむけて早いもの勝ちです!↓↓

匠本舗公式サイト

「食」として安全なおせちを選ぼう!

安心安全

安全なおせちとは、一体どのような事が考えられるかご存知でしょうか。
ここでは、お正月に食べるおせちを通販にて取り寄せる際に、

  • 衛生面
  • 安全面
  • 保存方法
  • 調理方法

などの気を付けて頂きたいポイントをいくつか挙げていきたいと思っています!

安全への取り組み〜Oisixの場合〜

まず紹介するのは、安心安全な食材として知られているオイシックスの取り組み!
Oisixは、震災後の日本の食材の安全面を第一に考えた信頼のおける会社として評価の高いオススメな会社です。

 

皆さんも覚えていらっしゃると思いますが、数年前のニュースで「食品偽装問題」がありました。
そういった基準に対し、オイシックスのおせち通販はある一定の基準を満たしています。
オイシックスの安全基準となる条件としては

  1. 中国産原産料不使用
  2. 保存料不使用
  3. 着色料不使用

上記の不安要素となる3つを取り除いています。
また、2011年の東日本大震災に福島原発から漏れた放射性物質を含まない食材であるかの検査に通過しています。
ヨウ素131・セシウム134・セシウム137など測定日も含め公開していますよ。

 

>>クリックして【Oisix】の早割おせちをみる<<

詳細はこちらから

 

安全への取り組み〜匠本舗の場合〜

次に紹介するのは、通販会社として顧客満足度の高く、かつバラエティに富んだ品揃えで評判の高い「匠本舗」!
匠本舗は、安心・安全性においても一定の基準を満たしています。
匠本舗の場合は、

  1. 中国産主原料不使用
  2. 保存料不使用
  3. 合成着色料不使用
  4. 人工甘味料不使用

上記のような安全基準が設けてあります。

 

また、あるトップ企業においてはおせちを入れている重箱が損傷しないような取り組みをされているようです。
つまり、中国産食材は一切使用せず、全て国産のものを使用しています。
そして、不要な食品添加物を減らし、アレルゲンを表示しています。

 

>>クリックして【匠本舗】の早割おせちをみる<<

詳細はこちらから

 

安全への取り組み〜紀文の取り組み〜

次に紹介するのは、皆さんご存知の紀文!
はんぺんなどの練り物でおなじみですよね。
紀文のモットーとして、「疑わしきは仕入れせず、製造せず、出荷せず、販売せず」が掲げられています。
食の安全を踏まえた「紀文」の強い哲学が感じられる言葉ですよね…!

 

ISO/IEC17025:2005

紀文のグループ会社である「紀文安全食品センター」は、日本の練り物業界で初めて「ISO/IEC17025:2005」を取得しています。

ISO/IEC17025:2005って?

アメリカミシガン州に本社を持つ、PJLAによる試験所の認定資格です!

紀文安全食品センターは、「ISO/IEC17025:2005」の微生物試験で国際規格を認定されています。
ちょっとわかりづらいのですが、この資格は「ここで行われる検査や分析は国際的にも通用するようなレベルであると認定されている」という事を証明するもの!
紀文安全食品センターは行う微生物試験のレベルの高さを示しているんですね。
ちなみに微生物試験では

カビや大腸菌や酵母などの微生物を培養する
食品・添加物などの規格基準に則った試験を行う

などを実施しているそうです。

 

>>クリックして【紀文】の早割おせちをみる<<

詳細はこちらから

 

安全への取り組み〜正直屋の取り組み〜

次に紹介するのは、東京正直屋!
銀座割烹「里仙」のベテラン料理人が厳しく監修したおせち料理を販売しています。
合成着色料や保存料を使わずに、素材の良さを最大限に活かしたおせち作りをされています。

 

東京正直屋は、

品質マネジメントの国際標準規格「ISO9001」
環境マネジメントの国際標準規格である「ISO14001」

これらを取得しています。

 

「ISO9001」ってなに?

「ISO9001」は、一般財団法人日本品質保証機構が認証している試験。
コンプライアンス遵守やリスクマネジメント、業務効率の改善や品質保証などが審査されます。

「ISO14001」ってなに?

「ISO14001」も同じく、一般財団法人日本品質保証機構が認証する国際標準規格です。
環境リスクの低減や回避、省エネルギーおよび省資源によるコストダウンなどの審査後に取得となります。

 

>>クリックして【正直屋】の早割おせちをみる<<

詳細はこちらから

気をつけるべきなのは「新鮮さ」!

ここで紹介してきた他にも、信頼・実績のあるトップ企業は、安心・安全への対策については努力を惜しまない会社が多いです。
また、多くの会社が力を入れているのは、商品が「新鮮である事」!
このサイトでも、紹介している「生おせち」。
冷凍・冷蔵の技術革新により生おせちを製造・販売する事も可能になっているようです。

まとめ

いかがでしょうか?
過去には食品偽造問題などがあったことを覚えてらっしゃる方も多いと思います。
「冷凍おせち」「生おせち」どちらを選ぶ際にも、保存料や素材だけでなく調理方法・衛生面などまで、しっかりと情報公開されている通販会社を選んでいきたいものですね。