違いを知って賢く選択!「冷凍おせち」と「生おせち」の違い

冷凍おせちと生おせち

お正月用のおせち料理を通販で取り寄せる際には、冷凍おせちと生のおせち(冷蔵おせち)と二種類の記載に着目をしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

冷凍おせちとは?

冷凍おせちとは、作りたての状態を急速冷凍して宅配されるものを指します。

生おせち・冷蔵おせちとは?

生のお節といわれている冷蔵おせちは、作りたての「生」のお節料理が冷蔵庫に保存された状態で宅配させるものをいいます。

冷凍おせちは凍ったままの状態で、クール便で配送されます。

 

生のおせちは冷蔵状態ですので、生もの扱いとして届くものです。

冷凍のおせちは生のおせちに比べて風味の劣化による心配が懸念されていますが、冷凍おせちの通販メーカーは高度な技術で解凍する冷凍機器を備えている為、風味や味が作りたての生のおせちに比べて格段に落ちるという事はありません。

冷凍おせちってどう取り扱えば良い?メリットも紹介!

次に、冷凍おせちと生のおせちの具体的な違いやメリット、美味しく食べる為の方法をお伝えしていきましょう。
冷凍のおせちのメリットは、

  1. 忙しいという方にとって大変便利な事
  2. 作りたてを急速に冷凍する機能がある為、解凍された後は殆ど作りたての生のおせちと同じ鮮度がある

上記の2点が大きな選ばれている理由といわれています。

 

また、おせちの食材による腐敗の可能性が低いという事が考えられます。
冷凍のおせち料理はどのお料理の品にしても、解凍するまでに最低一日はかかります。
その為、おせち料理を頂く一日前に着くように手配をすることをおすすめします。

 

そして、冷凍のおせちを美味しく頂くポイントは、解凍方法や解凍時間について書かれている説明書を良く読んで説明書に書いてある通りに商品を取り扱う事です。
多くの場合、解凍は急速に行うのではなく徐々に行う事が推奨されていると思います。
室温の低い冷暗所などで解凍する方法もありますが、しっかりと加工されたもの以外は適さないので、繊細な味わいのおせち料理の解凍方法としてはあまりないのではないでしょうか。
冷蔵庫の中に置き、低温でゆっくり解凍してゆくのがおせち料理の風味を損なわないポイントですね。

 

生おせちのメリットとは?取り扱いはどうするべき?

生のおせちのメリットは、解凍時間を考えたり解凍方法などを考える手間が省ける点にあります。
そして、作りたての状態で届く為、鮮度が非常に高い事などが挙げられます。

 

生のおせちを美味しく召し上がるためのポイントは

腐敗や劣化を防ぐ為にも生のおせちが届いたらその場ですぐに冷蔵庫に入れる事です。

生のおせちは届いてすぐに食べられるのが特徴ですが、冷凍のおせちに比べて日持ちの日数が短い為、商品が届いてから1日から3日以内で召し上がってしまうと良いでしょう。

 

おなじおせち料理の通販でも、冷凍おせちなのか?生おせちなのか?によって、取扱い方がこのように全く異なってきます。
2017年のお正月に備えて、

  • どちらのお節を注文するのか
  • 実際に食べるまでにどのようにおせち扱うのか

などを確認しておきましょう。
ご自宅でおせちの具材を作られる方も保存方法・保存箇所などには気を配りたいものですね。