おせちを食べる前に!お屠蘇のつくり方と飲み方の作法

おとそ

お正月や元旦になるとおせち料理を家庭で頂くものですが、実はおせちを頂く前にお屠蘇を飲む事でもっと縁起が良くなるという事をご存知でしょうか?
お屠蘇とは、本来薬用のお酒として唐の国である中国から平安時代に広まりました。

 

当初は、中国の宮廷においてお正月の行事用に使われていましたが、江戸時代になると一般市民にお屠蘇が広まったといわれています。
「邪気を屠りそして魂を蘇らせるようにする」という意味合いが込められています。

 

つまり、元旦の日にお屠蘇を飲む事で一年中の邪気を除き、家族が元気で幸せを招くという昔からの言い伝えがあります。
そこで、おせち料理を頂く前に是非実践して頂きたいお屠蘇の作り方や飲み方や作法などを説明していきましょう。

 

お屠蘇の作り方

まず、お屠蘇の作り方についてです。お屠蘇は、どなたでも簡単に作れます。用意して頂く物は、屠蘇散とお酒に本みりんです。

 

  1. お酒と本みりんを合わせて300mlになる様に、屠蘇散を浸して約5時間から8時間くらいおきます。
  2. 抽出が完了したら、屠蘇散を取り出すようにしておきます。

これだけです!簡単ですね。

 

屠蘇散とは、延命長寿の漢方薬ともいわれていますが、1パックで¥200前後の価格で購入出来ます。
お屠蘇は長時間抽出しておくことがポイントです。
また、お屠蘇は、辛口若しくは甘口など自分の好みに合わせて仕上げる事が出来ます。

 

お屠蘇の飲み方

 

次に屠蘇の飲み方と作法について説明します。

 

  • 元旦の朝になりましたら、朝初めてのお水でご自身の身を清めます。
  • そして、初日の仏壇や神棚に拝み、家族全員揃ったところで新年の挨拶をします。
  • おせち料理やお雑煮を頂く前に、お屠蘇を頂きます。お屠蘇を飲む順番としては、年齢が若い人順に飲むと良いという言い伝えがあります。
  • お屠蘇を飲む際には、屠蘇器という朱塗り若しくは白銀のお銚子や三段重ねになっている盃で屠蘇を飲むようにします。
  • お銚子にお正月飾りや水引きを付ける事で神様が降りて来て下さるという目印になるといわれています。