★おすすめの人気おせちが今年も早割中!

匠本舗公式サイト

おせちを食べる前に!お屠蘇のつくり方と飲み方の作法

おとそ

お正月や元旦になるとおせち料理を家庭で頂くものですが、実はおせちを頂く前にお屠蘇を飲む事でもっと縁起が良くなるという事をご存知でしょうか?
このページでは、そんなおとその作り方や飲み方を紹介していきます。

 

 

お屠蘇ってなに?おとその歴史や作り方紹介!

実はお屠蘇はおせち料理と同じように、日本古来からお正月になくてはならないもの。

  • 山椒
  • 白じゅつ
  • 肉桂
  • 桔梗

など体を温め、風邪の予防薬ともなる7種類から8種類の薬用植物が調合されています。
これらを袋に入れみりんやお酒に浸して飲むんですね。
邪鬼を屠(ほふ)り魂を蘇(よみがえ)らせるという意味があり、「おとそを飲めば一年の初めに一年中の邪気を除けるので、家中の人間が病気にかからない」と言われています。

おとその歴史とは?

お屠蘇(おとそ)とは、唐の国である中国から平安時代に伝わりました。
本来は薬用のお酒として日本に入ってきたようですよ。
当初は、中国の宮廷においてお正月の行事用に使われてたおとそ。
江戸時代になってから、一般市民にお屠蘇が広まったといわれています。

お屠蘇はどうやって作るの?

まず、お屠蘇の作り方についてです。
お屠蘇は、どなたでも簡単に作れるようですよ。
用意して頂く物は、屠蘇散(とそさん)とお酒に本みりんです。

 

  1. お酒と本みりんを合わせて300mlになる様に、屠蘇散を浸して約5時間から8時間くらいおきます。
  2. 抽出が完了したら、屠蘇散を取り出すようにしておきます。

これだけです!簡単ですね。

 

屠蘇散とは、延命長寿の漢方薬ともいわれていますが、1パックで¥200前後の価格で購入出来ます。
お屠蘇は長時間抽出しておくことがポイントです。
また、辛口若しくは甘口など自分の好みに合わせて仕上げる事が出来るので、好きなおせち料理の具材にあわせて作っても良さそうですね。

 

お屠蘇の飲み方に作法はある?

次に屠蘇の飲み方と作法について説明します。

  • 元旦の朝になりましたら、朝初めてのお水でご自身の身を清めます。
  • そして、初日の仏壇や神棚に拝み、家族全員揃ったところで新年の挨拶をします。
  • おせち料理やお雑煮を頂く前に、お屠蘇を頂きます。お屠蘇を飲む順番としては、年齢が若い人順に飲むと良いという言い伝えがあります。
  • お屠蘇を飲む際には、屠蘇器という朱塗り若しくは白銀のお銚子や三段重ねになっている盃で屠蘇を飲むようにします。
  • お銚子にお正月飾りや水引きを付ける事で神様が降りて来て下さるという目印になるといわれています。

2018年におすすめの屠蘇器とは?

おとそをしっかり飲むのであれば、お屠蘇を飲む器にも気を遣い良いものを用意したいものですよね。
ここでは、2018年におすすめな屠蘇器を紹介して行きます。

 

越前漆器・久太郎の屠蘇器

久太郎の漆器

(引用:https://item.rakuten.co.jp/qtarou/10002915/)

一番はじめに紹介するのは、越前漆器・久太郎の屠蘇器。
久太郎の製品は1500年前から伝わる越前漆器の製法を受け継ぎ、堅牢な個性の中にも京都から「蒔絵」、輪島から「沈金」の技術が取り入れられ華やかな漆器を展開しています。
屠蘇器はもちろんその漆器の美しさを生かした商品。
「越前塗り 十二支 屠蘇器 溜」は溜塗りの銚子、朱塗りの大・中・小の杯が三杯、溜塗りの盆に十二支の可愛い絵柄が付いたセットで価格が40,000円(税込み)。
お願いすれば名前も入れて貰えますので、お祝いの為の贈り物としても良いですね。
「白木盆十二支屠蘇器セット」はガラスの八角の銚子、朱塗りの大・中・小の杯が三杯、楕円形で可愛いお盆は白木に十二支の絵が付いた物で価格30,000円(税込み32,400円)です。
この2つのセットはお子様がいるご家庭にも喜ばれるでしょう。
また大人向けのリーズナブルなセットは、溜の銚子と絵柄のない黒漆の盆、赤漆の杯が三杯の 「越前塗り尺2小判屠蘇器溜無地【木合樹脂】」が18,000円 (税込み19,440円 )があります。
こちらは木合樹脂なので、お手入れが簡単なのがおすすめポイント。
いずれもオーソドックスな中にも漆器の持つ奥深い輝きがあり、新しい年を迎えるのに改まった気持ちにさせてくれる格調高い屠蘇器のセットです。
お正月のお屠蘇だけでなく、お雛様の節句に白酒を入れたり、七五三・誕生日・敬老の日なども越前漆器・久太郎の屠蘇器セットでお祝いをすれば気持ちも引き締まり、おめでたさも増しそうですね。

 

東屋・印判蕎麦猪口

東屋のそば猪口を屠蘇器に!

(引用:http://www.cotogoto.jp/item/73.html)

続いて紹介するには、東屋の印判蕎麦猪口です。
新しいお屠蘇の飲み方として、わざわざ屠蘇器をあつらえなくても、普段使っている食器を使う方法もありますよね。
東屋の印判蕎麦猪口は、シンプルな白と藍色の染付けによる5種類のデザイン。
絵柄は全部手書きで柄は印判で絵付けされており、すべて手作業で作られています。
同じデザインの物であっても、どこか味わいが異なり一つ一つ温かみが感じられます。
このシンプルな食器は、蕎麦猪口以外にも使い方は様々で何でも合います。
コーヒー、紅茶に緑茶を入れてもいいですし、ドレッシングやつけだれなどを入れてもピッタリです。
しかも和・洋・中と料理の種類を選ぶ事はありません。
お屠蘇を飲む際には、コースターを朱色や金の和紙にしたり、お盆を塗り盆にして万両や水引を添えたりと、食器以外の所でアレンジをしてお正月の気分を演出する事ができます。
価格は税抜き1,334円なので本当にリーズナブル。
高いデザイン性で、お正月の食卓をオシャレに変えてくれます。

 

中川政七・鈴木啓太郎デザインの富士山グラス

富士山グラスでお屠蘇を飲もう

(引用:http://www.nakagawa-masashichi.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=&pid=304-0001-000&vid=&bid=masashichi&cat=&swrd=)

3つめに紹介するのは富士山グラス
このグラスで本物のお屠蘇を少し頂きお正月をお祝いして飲んだ後、新たにビールを注ぐと歓声が上がりそうですね。
中川政七商店の鈴木啓太郎デザインの富士山グラスは「東京ミッドタウンアワード2008」で水野学賞を受賞した作品で、まったく新しい感覚の器。
このグラスは化学室にあるビーカーにちょっと形が似ています。
空の状態だと普通のグラスなのですが、ビールを注いでいくと富士山が出現するんです!
ちょうどビール泡の部分が富士山の雪の部分に見えて、シンプルでありながら心を動かされるデザインで、富士山の烙印が押された桐箱に入って価格は4,078円(税込み)です。
こちらの商品も全て手作りで、ガラス製品なのになんとも言えない柔らかさを感じさせるグラスです。
もちろんビールでなくても、コーラでもサイダーでもお好きな飲み物で、お好きな富士山を作る事ができます。
初夢に見たいものは「一富士、二鷹、三なすび」と言われるように、古来から日本人は富士山を縁起物としています。
また山そのものの形も美しく、高さも雄大さも含めて富士山が好きな方は多いのではないでしょうか。
お正月の食卓で目の前でその富士山が見られるなんて、この一年の行く末が素晴らしく感じられます。

まとめ

いかがでしたか?
お屠蘇の存在はなんとなく知っていても、その歴史やご自宅で作ることが出来ることは意外と知られていないのではないでしょうか?
邪気を払って厄を遠ざけ、一年間の家族の健康と幸せを願い縁起をよくするおとそですので、2018年のお正月は是非おせち料理と一緒に頂いてみて下さい。
いつもより神聖な雰囲気でお正月を迎えられそうですよ。