★おすすめ人気おせちが早割中!

匠本舗公式サイト

おもちのアレンジレシピが知りたい!餅で簡単におかずを増やそう

お餅をアレンジしてもっと美味しく!

日本の冬にはなじみの深いおもち。
お餅には人間の身体を作る栄養素がしっかりと含まれています。
また、古代からの人々の祈りなども込められています。
でも、沢山買ってきたお餅をずっと同じ食べ方で食べていると誰でも飽きてしまいますよね…。
そこで、このページではお餅をアレンジして食べるおすすめのレシピを紹介したいと思います。

 

お餅のアレンジレシピ1・クリームソースグラタン

まずはお餅を1口大に切り、耐熱のお皿に並べます。
上から牛乳を注ぎ、電子レンジで500ワットで2分程加熱しておきます。
こってりと濃厚なグラタンにしたい方は生クリームを混ぜても良いかもしれませんね。
柔らかくなったお餅の上に

  • バター・塩・胡椒で炒めた玉葱・しめじ
  • 食べやすい大きさに切った薄切りベーコン
  • お好みでバジルやオレガノなど

上記を重ねて行きます。
その上にクリームソースを流し、とろけるチーズを全体に振ります。
パン粉や粉チーズがあったら上にかけてあげると仕上がりの見栄えがぐんと良くなります。
上記をオーブンやトースターに入れ、オーブンなら5分程、トースターなら15分こんがりと焼きましょう。

お子様向けの味付けなら?

お子様がいらっしゃるご家庭では、クリームソースにマヨネーズを混ぜても良いと思います!

 

お餅のアレンジレシピ2・チヂミ風ねぎ焼き

フライパンで万能葱・韮などを胡麻油で炒めます。
ざっと火が通ったら葱・韮の色が変わらない内に、お餅を上にのせて焼いていきます。
この時、生の固い状態のお餅ではなく軽く3・4分程トースターにかけておいたものを使用すると良いでしょう。
全体を広げつつ一つの塊になるように両面を丁寧に焼いたら、

  • 豆板醤
  • 味醂
  • お醤油
  • 麺つゆ
  • 料理酒

などを適度に混ぜたタレを薄く塗り、上から鰹節や青のりをかけて出来上がり。
おつまみにぴったりのチヂミ風ねぎ焼きです。

 

お餅のアレンジレシピ3・一口大揚げ餅風

まずは切り餅を一口大に切り分けます。
通常売られている長方形のお餅なら六から八等分する位の大きさが良いでしょう。
フライパンを弱火で熱したところにマヨネーズを落として、油分を広げてゆきます。
マヨネーズの油分が全体に広がったらお餅を丁寧に置いていき、揚げ焼くようなイメージでお餅を弱火で熱して行きます。
両面がこんがりと焼けマヨネーズの良い香りがしたら完成です。
上に細く切った海苔などをかけると見た目もオシャレにまとまりそうですね。
単体で食べるより、おなますや筑前煮などおせち料理の野菜メインのものと一緒に食べることをおすすめします。
おせち料理がもうない場合は、サラダなど生野菜と食べても良いかもしれません!

おもちを喉に詰まらせない為には?

おもちは喉に詰まりやすいですので、気になるご家庭では意識してかなり小さくすることをおすすめします。