★おすすめの人気おせちが今年も早割中!

匠本舗公式サイト

子供が喜ぶおせちとは?子どもの年齢別御節アレンジレシピを紹介!

子供もよろこぶおせち!

様々な食材・味覚・意味が盛り込まれているおせち。
小さなお子さんにも食べて欲しいですが、少し大人向けの味付けではあります。
この項では大人が食べて美味しいだけでなく、お子さんにも食べやすいおせちのアレンジを紹介して行きたいと思います。

 

赤ちゃん向けのおせち

  

離乳食を食べ始める位の年齢から3歳位までのお子さんにおせちを用意する場合、普通のおせち料理をミキサーにかけたりすり潰しただけでは食べづらいかもしれません。
食材や味付けが、普通の食事と違って濃くなっているからです。
とは言え、お節料理には福を招き入れる為の沢山の願いが込められています。
お節に用いられる具をアレンジして、赤ちゃんでも食べやすいおせちを作ってみましょう。

 

黒豆

黒豆でしたら、離乳食を食べるようになってから1年程で食べられるようになるそうです。
薄い皮を剥き、味を薄める為に沸騰したお湯で再度茹でましょう。
茹で上がったお豆は、そのまま頂いたり、御飯に混ぜてお豆御飯等にしても良いでしょう。

 

かまぼこ

蒲鉾も黒豆と同じ位の時期から食べられる食材です。
味見をしてみて、塩分が過度でないものを選び、更に沸騰したお湯で湯がいて塩分を抜きましょう。
また、お店で購入する際には表示をよく見て、なるべく添加物が少ないものを選びましょう。

 

を五ヶ月から一歳半のお子さんに食べさせたい時は、先ず骨をしっかりと取り除いて下さい。
また皮も少し早いかもしれませんので、皮も丁寧に取り除き、すり潰した状態で食べさせてあげましょう。
固形の食事が食べられるようになってきたら、
ペースト状からお箸でほぐした状態に段々と変化させて行きましょう。
鯛は基本的に薄味ですので他の食材と併せて出しやすいのが良いポイントですね。

 

海老や蟹

海老やカニ甲殻類アレルギーで知られていますので、1歳から1歳半でも絶対に大丈夫とは言えないようです。
しっかりと熱が通っているかどうかを確認し、少し生っぽいのであれば黒豆・かまぼこと同じように湯がきましょう。
また量も少しずつ食べて頂いた方が良いようですよ。

 

食材の色別の祈り・意味

  • 一番代表的な紅白は、やはりお祝いの色彩ですから何処かで取り入れたいものです。
  • は、物事のはじまりや清浄さをイメージさせ
  • は、魔除けの意味があり、活発で強い印象も与えられます。
  • 黄色・または金のものは、金運を招くと言われています。

    食卓の上でも明るく目を引くので、お子さんのお膳にも是非のせてあげたい色です。

  • は厄を祓う意味を持つ色彩です。

上記の色彩を参考に、おせちの具材に足りない色を補ってみると、お子様のお皿の上も華やかにお祝いの雰囲気に満ちるのではないでしょうか。

 

小学生以上のお子様には?

小学生以上のお子様には、食材としては大人のお節と一緒でも大丈夫!
お子様にも好き嫌いを超えて喜んで幅広い食材を食べて欲しいものですね。
味付けや盛り合わせを少しアレンジして、食べやすいおせちを用意してみましょう。

かまぼこ

飾り付けの形をお子様向けにすると見た目にも可愛い彩りになるのではないでしょうか。
ウサギ・孔雀などはお正月の雰囲気を損なわず美しい形です。
また飾り気が足りない時は、キャラクター弁当のように蒲鉾を用いてみても良いかもしれません。

数の子のアレンジ

2〜3日しっかりと塩抜きした数の子に、お醤油マヨネーズを混ぜたものをあえ、柔らかい鰹節とぱりっとした海苔をかけましょう。
もう少し甘みがあった方が良い場合は、お醤油を麺つゆにしてみても良いかもしれません。
また数の子の食感が苦手なお子様には、少し小さめに切ってお皿に盛ってあげることをおすすめします。

おなますのアレンジ

紅白のおなますはおめでたいのですが、酸っぱさが苦手なお子様もいらっしゃると思います。
レタス・胡瓜などを足すと、酸味が和らぎ食べやすくなりそうです。
甘さを足したい方は、林檎も細ぎりで大きさを揃えてあえてあげると更に良いでしょう。
また野菜が苦手なお子様には、ツナなどを少しあえてあげても美味しく頂けそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
味付けや飾りつけに変化を持たせるだけで、食べ慣れたおせちもより幅広い年齢層が楽しんで頂けるお料理になりますね。
通販でおせちを購入される方も、食べる方によって一手間を加えてみるのをおすすめします♪

 

>>幅広いバリエーションが楽しめる早割おせち通販サイトはこちらをクリック!

おすすめの早割おせち通販サイト