★おすすめの人気おせちが今年も早割中!

匠本舗公式サイト

おせち料理の起源!いわれや歴史、いつから食べられているの?

おせちの写真

おせち料理の歴史は、古来から続いています。
では、おせち料理の起源が一体いつ頃から始まっているのでしょうか?
気になるところですね。
このページでは、日本人にとっては馴染みの深いおせちの起源を探って行きたいと思います。

 

 

 

 

おせち料理のはじまり

おせち料理の起源は、ちょうど日本人が米を作り始めた頃。
およそ紀元前2世紀頃が始まりと言われています。
季節に合った産物を神様に感謝しつつ、簡素化した食生活に節目をつけるようになった頃ですね。
また、平城京の時代から、季節の変わり目を祝う行事など朝廷で宴が催される際に出されていた食事がおせち料理の元になったとも言われています。

 

おせち料理の呼び名の意味って?

「おせち」という呼び名の由来は諸説あります。
日本には古くより、四季折々の季節の節目として収穫物を神に供えることを「節句」と呼ぶならわしがあります。
更に、供えたものを料理する事により、豊作や大漁を願って恵まれた自然に感謝しながら食べるお料理の事を「節句料理」といいます。

 

つまり、これが「おせち料理の起源」となる訳です。
節目の日にあたるお料理を「お節供」(おせっく・おせちく)と呼び、これも節料理(せちりょうり)の始まりといわれています。

 

この節目(ふしめ)の日には、他にも

  • 七草の日とも呼ばれる1月7日「七草の節句」
  • 「桃の節句」ともいわれる3月3日の上巳、
  • 菖蒲の節句といわれる5月5日の「端午の節句」
  • 7月7日の七夕
  • 「菊の節句」ともいわれる重陽

上記などがあります。

 

その中で最も大事な年始の始まりとなるお正月のお料理だけが「御節句」といわれるようになり、それが「おせち」と呼ばれるようになりました。
実際に「お正月」の神様へのお供え物として供えられる「おせち料理」と正式に呼ばれるようになったのは江戸時代からのようです。

 

歴史あるおせち料理の具材と言えば?

江戸時代から食べられている基本的なおせち料理の材料を挙げると、

  • 牛蒡
  • 蓮根
  • 人参
  • 里芋
  • くわい
  • ごまめ
  • 昆布巻き
  • こんにゃく
  • 数の子
  • 大根
  • 黒豆

などがあります。
おせち料理が一般的な食物としてお正月の食卓にあがるようになったのは、江戸時代の中期以降と考えられます。
また、時代と食文化の進化に伴い、おせち料理も変化してきました。
食材やレパートリーが増え始め、現代のような多種多様な和洋折衷などのおせち料理が数々と開発されるようになったんですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
おせち料理にこんな長い歴史があったなんて意外ですね。
季節の移り変わりの節目や、自然自体に感謝をする気持ちを大切にしたおせち料理。
2018年のお正月に親族・親戚の方々と会う機会には、おせち料理を前にそれぞれのおせち感を語り合ったりするのも楽しいかもしれませんね。

 

>>クリックしてお得価格の早割おせち通販サイト・2018年のランキングを見る

トップページへ