★おすすめの人気おせちが今年も早割中!

匠本舗公式サイト

おせちの食材の意味って?具にこめられた新年の願いを知ろう 

祈り

おせち料理の食材には、今年一年間をとても良い実りの多い年にしてくれるよう祈りを込めたお料理が沢山詰まっています。
そもそも、おせち料理とは、元旦に神様へのお供え料理なのです。
その為、おせち料理の一品一品には家族の幸運を願うなどの意味が込められています。

 

 

意味がわかればもっと美味しい!おせちの具に込められた願い

黒豆

黒豆の食材に使われる「豆」は、健康で丈夫な体を意味します。
よく「まめに働く」という言葉の通り、人々が元気な体でまめに働く事が出来るようにという意味が込められているのです。

 

栗きんとん

栗金団とは、まさしく黄金に輝く宝に例えれる財産や富を得られるようにと言う願いを込めた食材です。
また、豊穣と勝負運を高める食材として知られています。

 

錦たまご

錦玉子は、黄身と白身の2色から金と銀の代わりとして、おせち料理として、お祝いの儀式や膳として、食卓を豪華に彩ります。
黄身と白身をしっかりと分けて作るので、色彩もはっきりとしていて美しいのが魅力ですね。

 

紅白なます

紅白なますとは、「おめでたい」を意味するさっぱりした風味のお料理です。
これは、生の魚介類や大根と人参を調味料やお酢で作ったという意味からなますの名前が付きました。
最近の紅白なますには、魚介類の代わりに昆布や祝い事を表す「するめ」を用いる事があります。

 

数の子

数の子はニシンの卵であり、沢山の子が生まれるという意味合いから子孫繁栄を願う思いが込められています。

 

田作り

田作りは、その年の「五穀豊穣」を願って小魚が田畑の肥料として撒かれた事が由来して「田作り」と名付けられたのです。
小さめではありますが、カルシウムが豊富に含まれていてとても美味しいおせち料理の一品です。
海老には、長いひげを生やして腰が曲がる状態まで長生きするという長寿を願う意味合いが込められています。

 

昆布巻き

昆布巻きに使われる「昆布」には喜ぶという語呂合わせから祝いの儀式でよく使われる食材の一つです。
そして、一家が発展するという縁起物の食材といわれています。
また、昆布巻きの中に用いられる「ごぼう」にも、意味がこめられています。
それは、細く長く地の中に根を張るようなごぼうは縁起物の食材として、たたきごぼうなどが有名です。

 

たたきごぼう

たたきごぼうは、柔らかく煮たごぼうを叩いてからごぼうの中身を開くことにより「開運成就」を祈る食べ物です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
忘れがちではありますが、ひとつひとつの具材に様々な願い・祈りがこめられているおせち料理。
1年のはじめの風習として大事に後世にも伝えていきたいものですね。